「明日は○時に起きよう」と意識しているのに、なぜ起きられないのでしょうか?

それは、たくさん眠れば起きられないはずはないという誤った認識がからんでいるからです。たとえばカフェインやアルコールのとり過ぎ、寝過ぎやストレスなどで、眠りが浅くなっている場合もあります。

大切なのは、どれだけ睡眠時間をとったかではなく、その睡眠の質によって差が出るという点になります。

不眠の原因を治療しないまま、起きられないことや昼間の眠気に真剣に悩んでいる人が多いのである。しかしそれも、眠りをめぐる先入観や間違った生活習慣を正すだけで、かなりラクになるはずです。

 参照サイト:不眠治療 http://beautyful-health.com/archives/310

正常な生活リズムとなるようライフスタイルを改善しましょう。それでも起きられない場合は、心身の故障が原因となって眠りと目覚めをコントロールできなくなっている可能性が高いので治療しないといけません。

「体内時計故障型」「窒息型」「抑うつ型」「昼間も眠い型」になってくると、医者の助言や治療、薬の力を借りたほうが確実に改善する可能性が高いです。

「緊張型」「現実逃避型」「寝過ぎ型」「女性ホルモン型」「悪い生活習慣型」「睡眠不足型」の場合、生活習慣の改善だけで良くなることもあるのですが、不眠の程度によっては医者に相談して治療したほうが良いのです。