あなたに合ったFX手法を探そう

スキャルピングというやり方は、相対的に予知しやすい中長期の経済的な変動などは意識せず、確率5割の勝負を直観的に、かつひたすら繰り返すというようなものだと思っています。

「各FX会社が提供するサービスをチェックする時間が取れない」と言われる方も稀ではないでしょう。こんな方の役に立つようにと、それぞれの提供サービス内容でFX会社を比較しました。

システムトレードとは、PCプログラムに従ってなされる自動売買取引のことで、初めにルールを決定しておき、それに従う形でオートマチックに売買を終了するという取引になります。メンタルが弱い方にはおすすのFX手法です。参考→FX メンタル

スイングトレードで儲けを出すためには、それなりのやり方があるわけですが、当然のことスイングトレードの基本がわかっていることが条件です。先ずもってスイングトレードの基本をマスターすることを意識してください。

トレードの1つの方法として、「上下いずれかの方向に値が変動する短時間に、僅かでもいいから利益を確実に稼ごう」というのがスキャルピングというわけです。

レバレッジを利用すれば、証拠金が少額でもその額の25倍までという売買ができ、たくさんの利益も期待できますが、それに付随するようにリスクも高くなるわけですから、よく考えてレバレッジ設定しなければなりません。

デイトレードに取り組む場合は、通貨ペアのセレクトも大切になります。基本事項として、動きが大きい通貨ペアをセレクトしないと、デイトレードで大きな収益を生み出すことは不可能だと思ってください。

FX会社といいますのは、個々に特徴があり、ストロングポイントもウィークポイントもあるのが通例なので、ズブの素人である場合、「どこのFX業者でFX口座開設すべきか?」などと困惑すると思います。

スワップというものは、取引の対象となる二種類の通貨の金利の違いから手にすることが可能な利益のことです。金額にすれば小さなものですが、日に1回付与されるようになっているので、結構有難い利益だと思います。

「デモトレードを行なって利益をあげられた」からと言いましても、現実の上でのリアルトレードで儲けを出せるかはわからないというのが正直なところです。デモトレードを行なう場合は、どう頑張っても遊び感覚で行なってしまうことが大半です。

スイングトレードであるなら、どんなに短期だとしても数日間、長期の場合は数ヶ月にも亘るような売買手法になり得ますから、デイリーのニュースなどをベースに、直近の社会状況を予測し資金投下できるというわけです。

スキャルピングの行ない方はいろいろありますが、共通部分としてファンダメンタルズにつきましては顧みないで、テクニカル指標だけを使って行っています。

近頃は、どこのFX会社も売買手数料は取りませんが、同様なものとしてスプレッドがあり、このスプレッドが完全なるFX会社の儲けだと言えます。

デイトレードとは、スキャルピングの売買の間隔を少し長くしたもので、現実的には2~3時間程度から24時間以内に決済してしまうトレードだとされています。

スキャルピングにつきましては、短い時間軸の値動きを捉えますので、値動きが確実にあることと、売買する回数が非常に多くなりますので、取引に必要なコストが少ない通貨ペアをチョイスすることが肝心だと思います。

 

 

Posted in 資産投資情報など