ひきこもり ブログを通じて、不登校 原因を探ってみましょう。

不登校とひきこもりには、重要な共通点を見いだすことができるようです。それは単に、ひきこもり者の33.5%が小中学校のときに不登校経験者であったという調査結果からだけではないんだそうです。

ひきこもり ブログから分かるより重要な点は、彼らがともに発達や成長を支える場の喪失という状況に置かれていることにあるでしょうね。

人の発達や成長を支える場を「居場所」と呼ぶならば、彼らの多くはまさに居場所を失っている子供や青年であり、このことこそが、不登校 原因と、ひきこもりを考えていく上できわめて重要な共通点となると思います。