犬の気質はこれから犬を飼おうという人にとって、最も重要なファクターです。

たとえば、年配の人は散歩や世話がしやすいおとなしい犬を希望するでしょうし、小さい子供のいる家には、子供が毛を引っ張ったり、足を踏みつけても吠えたりしない穏和な性格の犬がいいでしょう。

しかし、同じ品種の犬でも気質や性格には大きな違いがあることを理解しておくことが重要です。

その犬が同じ品種の別の犬と同じような行動をするという保証はありません。獣医師は品種ごとの行動の傾向について熟知しているので、犬の選択の際には、アドバイスをしてくれます。

犬のしつけ噛み癖