犬の散歩のしつけではコイの教えが欠かせません。犬が嫌がったら散歩も何も始まらないからです(笑)

引き綱をつけたままで「コイ」を覚えたら、引き綱なしで、あるいは引き綱を手から放して訓練します。犬から少し離れた位置に立って呼びます。

まずは、犬から1メートルくらい離れた位置で始めましょう。犬に「マテ」をさせておきます。1メートルほど犬から離れます。離れてから少しの間「マテ」を続けます。

「コイ」と言いながら、手でも合図します。手を前に出し、手先を自分の方に曲げて合図します。犬が来たらほめてやります。

でも、叱るための「コイ」は禁物ですから注意です。散歩中もだめです。

「コイ」と呼んで犬が来たら、どんなことがあっても叱ってはいけません。犬が来たときに、なかなか来ようとしなかったことを叱ったり、来るのをいやがったりしたことを叱らないようにします。

また、叱るために「コイ」を命令するのも避けます。とにかく、来たらほめることが大切です。せっかく来た犬を叱ってしまうと、犬は呼んでもこなくなってしまいます。

犬の散歩のしつけについて

犬の散歩中も、上記のことを心掛けましょう。