犬 しつけ トイレについては、柴犬 飼い方で難しいことですね。犬が自然に行動をとるように関連付けしてトレーニングを開始すると、かなりうまくいきます。

例えば愛犬がトイレしそうだ、伏せの姿勢をとりそうたというときに、適切な命令を出し、行動を終えたところですぐにごほうびを与えるのです。これが、犬 しつけ トイレでは楽な方法です。

柴犬 飼い方では言われたとおりにすれば、すぐに「報われる」ことを学ぶでしょう。ボディ・ランゲージと言葉の両方を使います。

子犬をオスワリの姿勢にしてから、手のひらを平らにして見せて「マテ」を教えたり、手のひらを下に移動させて「フセ」などを行います。