ホームページ作り方では、類似色から補色へと移っていくのですが、ここでもその中間の「あいまい」な範囲があります。

これらのあいまいな範囲は、個人差がありそれぞれ認識するホームページの作り方の範囲が変化します。

そのためホームページの類似色は、「この色」といったハッキリとした定義はできません。

では、初心者でも簡単に作れるホームページのデザインに美しく色を取り入れる場合は、どのように類似色と補色を使い分けるのでしょう。

ホームページは一般的には類似色で背景や図形、罫線を構成して、補色をアクセントカラーに使用して、アイキャッチや見出しなどに適用するとよい結果が得られます。

397時間動画パソコン教室