3月 9th, 2011

コスト負担増は変動金利型ローンを借りている人だけではない

変動金利ローンは、返済額が変わらないまま利息支払額が増える結果、返済元本は少なくなっていきます。

こうしたコスト負担増は変動金利型ローンを借りている人だけではありません。期間の短い固定金利ローンを借りている人も同様です。

たとえば「期間2年限定の年利1.2%固定金利ローン」のようなローンは、3年目からは新たな(より高い)金利でのローンになることは言うまでもありません。

ただし一方では、定期的に適用金利が見直される変動金利型商品は、少なくとも名目上は受け取り収益は増加することになります。

もっともわかりやすい例で言うと、古くから信託銀行が扱っている金銭信託、貸付信託、ビッグ等です。あるいは一般の銀行が扱っている預金商品で言うと「変動金利型定期預金」などがそれにあたります。

株取引の方法を解説しているサイトをご紹介。

Posted in 資産投資情報など | コスト負担増は変動金利型ローンを借りている人だけではない はコメントを受け付けていません。

 

 

バストのある者という意味で哺乳類と呼ばれる

科学者もバストについて何か発言しなくてはならない時代がありました。18世紀、その功績が今も色琵せないスウェーデンの分類学者リンネは、動物の分類に”乳房の〃という意味の言葉を用いました。

ロンダ・シービンガーが書いているとおり、リンネは当時知られていた哺乳類の共通の特徴からほかのものを取りあげることもできたはずです。毛の生えたという意味でても、耳の穴のあいたという意味としてもよかったし(哺乳類の中耳は三つの骨から成る独特の構造をもつ)、四つの心室をもつものということもできました(これには特別な名称をつくらなかったし、たぶんつくれなかった)。

ですが、リンネが当時の人びとに笑われながらつけた名前のせいで、私たち人間と毛の生えた胎生の仲間は、バストのあるものという意味で哺乳類と呼ばれるようになりました。

それは啓蒙主義の時代のことで、リンネはすばらしい着眼点でバストを取りあげたのでした。

戸瀬恭子のバストアップDVD【バストあっぷるん】

Posted in バストアップ法の情報など | バストのある者という意味で哺乳類と呼ばれる はコメントを受け付けていません。

 

 

腰痛改善柔軟ストレッチ・いろいろな筋肉に力が入ってしまう

初心者の方は時々、立位でバランスを取りながら大腿司頭筋のストレッチングを行っている様子を見受けます。

実はこれではバランスをとるために、いろいろな筋肉に力が入ってしまいます。伸ばす標的の大腿四頭筋の力も抜けにくくなるでしょう。

腰痛改善ストレッチングを行う際には、伸ばす標均の筋肉を脱力できるように、できるだけ「安定した姿勢」をとります。座った姿勢か寝た姿勢で行えるなら、その姿勢で行うほうが標的の筋肉を脱力して行える点でベターです。

立位で行う場合は、足幅を広くとって体を安定させるようにします。片脚立ちになる場合は、壁に手をつくなどして体を支えて安定させると良いでしょう。

腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVD

Posted in 柔軟な体作りのための情報など | 腰痛改善柔軟ストレッチ・いろいろな筋肉に力が入ってしまう はコメントを受け付けていません。

 

 

人に過食させたダイエット実験がありました

人でも、体脂肪が増加すると食欲が低下します。たとえば、健康な男性の被験者に一日当たり1000キロカロリー分の過食をさせ、体重増加と食欲の変化を調べた研究があります。

これを21日間続けたところ、一日平均の体脂肪の増加は80グラムほどでした。過食の期間の後、被験者に自由に摂食させました。その時のカロリー摂取量は、通常よりも平均で一日当たり476キロカロリー少なくなったといいます。

21日間の過食の結果、増加した体重は、1~2キログラムにしかすぎないのです。その間の体重増加にともなってみられたエネルギー摂取の減少は、500キロカロリー近くにもなります。

この食欲抑制は、動物実験の結果から予想される逆相関曲線以上に大きな値です。さらに興味深いことに、摂取カロリーの減少分は、被験者がとりわけ脂肪の摂取を避けたことによります。

このダイエット実験のように、ラット、サル、ヒトのいずれでも、体重や体脂肪が増加すると食欲が減退することが観察されています。この食欲減退は、脂肪組織と非脂肪組織の割合がもとに戻るまで続きます。

宮本千寿子のダイエット法【トータルビューティーワーク】

体脂肪の増減が食欲と逆相関しており、その傾向は、消化管を介して過食させた場合も、高カロリー輸液により過剰カロリーを投与した場合も同様です。

したがって、体脂肪の増減に関連して、食欲を調節するシグナルは、胃消化管からではなく、増加した体脂肪から発せられているとダイエット実験から考えられるそうです。

 

Posted in ダイエット情報など | 人に過食させたダイエット実験がありました はコメントを受け付けていません。

 

 

リードを引っ張る癖が付いてしまっている犬のしつけ

リードを引っ張る癖がすでに深く根付いてしまっている犬のしつけの場合は、警告を出して行動を矯正することから生涯逃れられないものと覚悟してほしいです。

なおチョークチェーンやチョークカラーなどで、犬の引っ張り癖を矯正しても、せいぜい散歩が多少楽になる程度の効果しか期待できないです。

また何度も犬に罰を与えるために、そのつど犬に嫌なヤツだと思われるばかりか、たいていの犬は脱感作用により、いずれこの罰に慣れてしまいます。

こうした欠点があるにもかかわらず、この犬のしつけ方が普及したのは、これが、あまりトレーニングを受けていない犬には魔法のような威力を発揮することがたまにあるからです。

皆さんの、犬のしつけの参考にしていただければ幸いです。

Posted in 犬のしつけ情報など | リードを引っ張る癖が付いてしまっている犬のしつけ はコメントを受け付けていません。